最大185万円の補助!「地域型住宅グリーン化事業」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

国土交通省は、平成27年度の事業として、中小工務店向けの補助事業「地域型住宅グリーン化事業」の概要について公表しました。この事業では、一戸あたり最大185万円の補助が受けられる可能性があります。

地域型住宅グリーン化事業とは?

「地域型住宅グリーン化事業」とは、家を建てるために必要な木材、製材、プレカット、流通、設計、施工など、地域に根ざした各企業がグループとなって一致団結し、ブランド化することによって地域の「つながり」を強化するとともに、資材の供給や加工、住宅の規格や仕様などを共通ルール化することによって、「よりよい住宅に長く住める」ようにするための仕組みです。

また、「地域材」を積極的に使用することで、地域ならではの家作りにも取り組みます。

地域型住宅グリーン化事業における補助

以下の住宅を建築すると、次のような補助が得られます。

種別 補助 地域材割増
認定長期優良住宅 建設工事費の1割以内。100万円を上限 地域材を多く使った場合20万円加算
認定低炭素住宅 同上 同上
ゼロエネルギー住宅 建設工事費の1割以内。165万円を上限 同上
認定低酸素建築物等、一定の良質な建築物 床面積1㎡あたり1万円を上限(検討中) 加算なし

長期優良住宅・低炭素住宅は税制的にもお得

地域型住宅グリーン化事業に加え、長期優良住宅・低炭素住宅は、所得税、固定資産税、登録弁居税、取得税控除、金利(フラット35)などの面で、税制が優遇されています。

たとえば、金利については、一般住宅やゼロエネルギー住宅は通常金利なのに対し、長期優良住宅や低炭素住宅は、10年間0.3%引き下げされます。

丸山工務店の取り組み

丸山工務店では、これまでの「造っては壊す」消費型の家作りではなく、きちんと手入れし、長く大切に使える家作りを目指し、以前より長期優良住宅を中心とした家作りをしてまいりました。

それに加えて、この地域型住宅グリーン化事業による補助を組み合わせることで、よりよい住宅を補助を活かしながら建てることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小冊子「雪国で失敗しない家づくり」をプレゼント!

みなさんは、今まで家を建てたことがありますか。ほとんどの方が家を建てた経験はないのではないでしょうか。多くの人にとって家づくりは、人生に一度の大きなイベントです。

「一生に一度」ということは、「初めて」ということであり、「やり直しがきかない」ということでもあります。今まで経験したことがないだけに分からないことだらけ。しかも、やり直しがきかないとなると、不安も多いものです。

しかも、雪国はとても厳しい環境です。寒さ対策や除雪の心配もしなければなりません。雪が降らない地方よりも、考慮すべき点が数多くあります。

そこで、はじめて家を建てるみなさんの不安を解消し、「この家を建てて本当に良かった!」と思っていただけるよう、小冊子を作成しました。

この小冊子は、雪国で、初めて家を建てるみなさんの、「快適な家づくりの手引き」です。雪国の家づくりの基本から、太陽光発電や省エネ、高気密高断熱など、最新の技術にも触れています。

あたたかく、快適な暮らしができる「雪国の家づくり」のヒントになれば幸いです。

小冊子を申し込む