ハウスメーカー29社の気密断熱性能は?C値Q値UA値を比較してみた

家の気密性能、断熱性能を測る数値には、C値、Q値、UA値があります。

C値Q値UA値とは―「暖かい家」を数値で比較する方法では、各数値について説明しました。これらの値を比較すれば、「気密性、断熱性に最も優れているハウスメーカーが分かる」とお話しました。

実際にはそれぞれの家のつくりによって数値は異なります。設計値と実測で異なる場合もあるでしょう。ですから、数値だけで、「気密性、断熱性に最も優れているハウスメーカーはこれだ!」とは、一概には言い切れないのかもしれません。

けれども、それぞれのハウスメーカーが出している数値がどのような値なのかは、気になるところではないでしょうか。

そこで、ハウスメーカー29社がホームページで公表しているこれらの値を調べてみました。 続きを読む

C値Q値UA値とは―「暖かい家」を数値でサクッと比較する方法

近年になって、「高気密高断熱」とうたうハウスメーカーや工務店が増えてきました。高気密高断熱住宅は、気密性、断熱性に優れた住宅で、夏は涼しく、冬は暖かいのが特徴です。また、部屋の空気を一定の温度に保つため、エネルギーロスが少ない省エネの家にすることができます。

しかし、「高気密高断熱」という言葉だけでは、「どのぐらい高気密高断熱なのか」が分からず、感覚的なものでしかありません。もし、気密性や断熱性を数値で表現できたら、いろんなハウスメーカーや工務店の住宅を比較・検討する際に役立ちます。

そこで、この記事では、気密・断熱性能を表す数値の読み方について解説します。詳しい知識がなくても、住宅性能をサクッと比較・検討することができるようになります。 続きを読む

FPの家の坪単価はいくら?

同じ車でも、軽自動車と高性能車では値段が異なるように、同じ家でも、ローコスト住宅と高性能住宅では建築費用が異なります。

建築費用が安いか、高いかを計る1つの見方が坪単価です。FPの家は高気密高断熱に優れた高性能住宅です。坪単価がいくらぐらいか気になるところではないでしょうか。家を建てるためには予算もありますしね。

そこで、丸山工務店で手掛けるFPの家の坪単価についてお話します。

続きを読む

気温データで検証―長野と上越の新築住宅に必要な断熱性能の違いとは

雪国新潟、長野の冬はとても寒いです。寒いからこそ、家では暖かく過ごしたいものですね。

家の暖かさに最も影響を与えるのが、住宅の断熱性能です。断熱性能はいいことに越したことはありません。けれども、性能がよいほど建築費用が高くなるのも事実です。

そこで、長野市と上越市の気温差を比較しながら、新築住宅に必要な断熱性能について考えます。

続きを読む

グラフで検証!エコウィンハイブリッドとエアコンの価格とコスト

省エネ冷暖房を実現するエコウィンハイブリッドは次世代の冷暖房システムです。一方、エアコンに比べてイニシャルコストが掛かるのも事実です。

となると、商品価格がいくらか、ランニングコストはどのぐらいかかるのか、どのぐらい使えばエコウィンハイブリッドのほうがお得になるのかが気になるところですよね。

そこで、1Fにリビングと寝室、2階に部屋が3つの、部屋数が5つある家の想定で、エアコンの場合とエコウィンハイブリッドの場合とで、イニシャルコストとランニングコストがどれぐらい違うのかを比較してみました。

続きを読む

ゼロエネルギーハウス(ZEH)とは?―省エネ住宅の要件とメリット

近年、超大型台風、異常高温、干ばつ、洪水など、甚大な自然災害が世界各地で起こっています。このような異常気象の原因の一つが、地球温暖化だと言われています。

地球温暖化の主な原因は二酸化酸素の増加です。代表的な原因の一つに、「家庭におけるエネルギー消費の増加」があります。

そのため、今後建設する住宅には、省エネルギー化が求められるようになりました(参考:省エネ住宅とは―あなたの家は大丈夫?2020年から必須の新築基準)。

また、東日本大震災以降、電力供給の不安やエネルギー価格の不安定化が起きたことも、省エネ住宅が求められるようになった一因です。

もし、今後家を建てられる予定がありましたら、ハウスメーカーや工務店と省エネ住宅について話をすることもあるかもしれません。施主としてもある程度。情報は知っていたほうがいいでしょう。

そこで、この記事では、ネットゼロエネルギーハウスとは何か、求められる要件は何か、要件に対応することで使える補助金などについて見ていきます。

続きを読む

エコウィンハイブリッドとは?雪国の暮らしを快適にする省エネ冷暖房

雪国の冬は、とにかく寒いのが特徴です。

一般的な一戸建て住宅では、各部屋にヒーターを置いて暖房しますが、居間、台所、寝室、子供部屋など、部屋数が多いお宅では、灯油代がひと月2~3万円ほどかかる場合もあり、暖房光熱費はバカになりません。

また、小さいお子さんがいらっしゃるお宅ではやけども心配です。ヒーターの吹き出し口にカバーを付けたり、ヒーターに近づかないようにするために柵を設けたりしているお宅もあります。

そこで、雪国の冬を快適に過ごしながら、省エネ、しかも安全な「エコウィンハイブリッド」という冷暖房システムについて解説します。

エコウィンハイブリッドは新しい冷暖房システムです。そのため、インターネットで検索しても情報自体があまりありません。また、説明が「輻射式」などの難しい言葉で始まっていたり、「年中春のような温かさ」といった抽象的な言葉だったりと、一体どんなものなのかが感覚的にわかりづらいのが実情です。

そこで、「技術的に正確な説明」よりも、「なるほどね!」と感覚的に分かる説明にチャンレンジしたいと思います。

続きを読む

上越市で住宅を新築するならおさえたい13のポイント

上越市は新潟県の南部にある海沿いの地域です。かつては雪がたくさん降りましたが、近年は、やや少なくなってきているような気がします。

とはいえ、雪国には変わりありません。十分な雪対策はしておく必要があるでしょう。

丸山工務店では、半世紀以上、雪国妙高高原で家を建ててまいりました。そこで、これまでの経験から言える、「上越市で住宅を新築する際のポイント」についてまとめました。 続きを読む

有効に活用しよう!妙高市住宅取得・リフォーム補助金まとめ

家は高価な買い物です。新築、リフォームするとき、もし、補助金が活用できるのなら、有効に使いたいものですよね。

ところで、あなたはどのような補助金があるのかご存知ですか?

補助金には、全国レベルのもの(参考:【知っ得!2016年度版】新築で使える省エネ住宅補助金まとめ)もあれば、地方自治体が支出しているものもあります。妙高市にも、住まいの取得やリフォームを支援するためのさまざまな補助金があります。

そこで、妙高市の住まいに関する補助金の概要を一覧にまとめました。 続きを読む

「魔法瓶のような住宅」とは?高気密高断熱住宅5つの特徴

近年、高気密高断熱住宅の需要が高まっています。2020年には、高気密高断熱住宅が必須の住宅基準となることも影響しているのかもしれません。

高気密高断熱住宅の新聞折り込みチラシやホームページを見ると、「まるで魔法瓶のような住宅」と形容している会社が多くあります。

けれども、「魔法瓶のような住宅」と言われても、今一つピンときませんよね。魔法瓶について知っているのは、「お湯が冷めにくい」ということぐらいで、それ以外のことはよく分かりませんし、魔法瓶の中にも入ったことがありませんし。

「魔法瓶のような住宅」とは、どういう家のことを指すのでしょうか。そこで、魔法瓶住宅の特徴について見ていきます。

続きを読む