低予算で暖かい家にリフォームするなら知っておきたいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎年、必ずやってくる寒い冬。できれば、暖かく過ごしたいですよね。そこで考えるのがリフォームです。

一言でリフォームと言っても、大掛かりなものから、低予算でできるものまでさまざまですが、できれば、低予算で最大の効果を発揮させたいものです。

そこで、低予算で暖かい家にリフォームするなら知っておきたいポイントについてお話します。

「気密性」と「断熱性」のリフォームは大がかり

近年、「高気密高断熱」という言葉をよく耳にするようになりました。家の暖かさに影響を与えるのは、「気密性」と「断熱性」です。

「気密性」と「断熱性」は、家の基本性能に関わります。断熱材は外壁と内壁の中に入れるため、もし、リフォームするなら、工事が非常に大がかりになります。

また、断熱材が全く入っていない壁に断熱材を入れれば効果を期待できる場合もありますが、家の一部分だけ断熱材を入れても、断熱性能が低いところから熱は逃げて行ってしまうため、効果はあまり期待できません。

もし、気密性や断熱性をあげるリフォームをするなら、外壁も含めた増改築など、大がかりなリフォームをするときに検討することをお勧めします(建て替えを検討してもいいかもしれません)。

低予算で暖かい家にリフォームするなら、ズバリ「窓」

低予算で、気軽に暖かい家にリフォームするなら、ズバリ「窓」です。

室内の暖かい空気が逃げる最も大きな要因の1つが窓です。もし、現在の窓が一重なら、二重にすることで部屋の熱が逃げにくくなり、暖かさが大きく変わってきます。

たとえば、この写真は妙高市住まいのリフォーム促進事業補助金を活用して二重窓にしたお宅の様子です。

double_sash_1

double_sash_2

内窓をつけることで二重窓にしています。これなら、現在の窓を生かしながら、内側に窓をつける形になるため比較的低予算でリフォームでき、窓と窓の間に空気の層ができるため、暖かい空気が逃げるのを防ぐことができます。

断熱性能が高い多層ガラスの窓もある

近年では、ガラス自体が多層になっていて、断熱性能が高い窓もあります。サッシもアルミではなく樹脂を用いることで、熱が逃げにくいようになっています。

what-is-fp-method_4

一方、予算面では高くなってしまいますし、ガラスの断熱性能をここまで高めるなら、家全体の気密性や断熱性も配慮したくなるところです。低予算で気軽にリフォームをするなら、サッシが樹脂でできた内窓をつけることをお勧めしています。

まとめ

低予算で暖かい家にリフォームするなら知っておきたいポイントについてお話しました。

サッシを二重にすることで、部屋が暖かくなるほか、暖房光熱費の節約にもなります。また、防音効果も期待できます。

また、この記事を作成した2016年11月現在、耐震性が確保された省エネ改修や、一定の省エネ性能を有する住宅への建替えに対して、国がその費用の一部を補助する住宅ストック循環支援事業が始まる予定です。このような制度を活用すれば、お得にリフォームできます。

雪国の寒い冬。暖かく快適に過ごすためにも、サッシの追加を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小冊子「雪国で失敗しない家づくり」をプレゼント!

みなさんは、今まで家を建てたことがありますか。ほとんどの方が家を建てた経験はないのではないでしょうか。多くの人にとって家づくりは、人生に一度の大きなイベントです。

「一生に一度」ということは、「初めて」ということであり、「やり直しがきかない」ということでもあります。今まで経験したことがないだけに分からないことだらけ。しかも、やり直しがきかないとなると、不安も多いものです。

しかも、雪国はとても厳しい環境です。寒さ対策や除雪の心配もしなければなりません。雪が降らない地方よりも、考慮すべき点が数多くあります。

そこで、はじめて家を建てるみなさんの不安を解消し、「この家を建てて本当に良かった!」と思っていただけるよう、小冊子を作成しました。

この小冊子は、雪国で、初めて家を建てるみなさんの、「快適な家づくりの手引き」です。雪国の家づくりの基本から、太陽光発電や省エネ、高気密高断熱など、最新の技術にも触れています。

あたたかく、快適な暮らしができる「雪国の家づくり」のヒントになれば幸いです。

小冊子を申し込む